tousan-saisyusyoku

40代で再就職先を見つけるのは大変だとわかっているので、たとえ給料が少なく、会社に不満があっても転職を考える人はさほど多くありませんが、会社が倒産したりリストラさせられた時には、新しい仕事を探さなければなりません。(その前に利用したい制度もご確認を)

それで、再就職を考える時は、それまで行っていた仕事と全く違う自分のキャリアが通用しない会社は避けるのが賢明で、今までの仕事の内容が活かせて、新しい会社でもすぐに戦力として働けるような会社を探しましょう。

しかも、40代という年齢は若くはないので、再就職先を見つけるのは簡単ではありません。

40代でも営業の仕事は採用されやすいかも

40代で見つかる仕事は少ないので、どんな仕事でも行う心構えが必要です。40代の再就職先が少ないと言っても、仕事を選ばなければ高いキャリアがなくても就職することはできます。

すなわち仕事の内容は営業の仕事になり、基本給は保証されていますが歩合で給料が変わるので、以前の仕事と比べると給料はかなり下がってしまいます。

また、慣れていない個別訪問型のセールスをやると心が折れてしまう人も多くいるようです。訪問した家の人に怒鳴られたり、塩を巻かれたりして、頑張って営業してもなかなか結果も出ないために、数ヶ月で別の仕事に転職する人も少なくありません。

ハローワークや転職サイトを使ってみる

40代で再就職先を探す時には、自分をよく知る必要があり、弱点だけでなく自分のセールスポイントを準備しておく必要があります。

新しい会社で面接の時には特に、自分の年齢のことを自虐的に言わないようにして、もし年齢がハンディになると思うなら、それを補える長所をアピールできるように準備しましょう。

さらに、いつまでも過去にこだわるのも避けるべき態度で、以前のキャリアを長々と話したり、なぜ退職したのかを延々語るような態度は避けるべきです。

40代で転職サイトはどこまで有効か

40代が再就職先を探すときには、大手転職サイトで探すことも重要ですが、中途採用の場合には求人は1から2人程度なので採用のハードルが非常に高くなります。(参考:中途採用で求められる人物像

さらに、中小企業でも考え方がアナログだったり、100万から200万の採用コストを出し惜しみしている企業は大手転職サイトに登録することを避ける傾向があります。

ハローワークが意外な活路に

それで、40代がハローワークに行くと求人もたくさんあり倍率も低く、あっさりと再就職先が見つかったりします。

ハローワークで募集しているように、営業所や工場を新しく一転させて、事務員や営業所員または、技術者を補充することがあるので、40代にはねらい目になります。

こうした募集は早い者勝ちになるため、40代の転職や再就職の時には行動力も求められます。

ただしハローワークにはブラック企業が募集をかけている傾向もあるので会社の中身や社長を見分ける目を持っていないと大変な事になってしまいます。

どうしても正社員で働きたいですか?

愚問かもしれませんが、いまだに正社員至上説がまかり通っています。正社員の方がかんたんにクビにはならない、社保完備、ボーナスも出るし、昇給の可能性もある。

そんなところでしょうか。しかしこれからの時代は正社員と非正規の差が縮まってくる可能性も否定できません。正社員が簡単にリストラされ、時給が安くなり、非正規の時給が高くなり、責任だけ重くなるでしょう。

参考:派遣・契約から正社員をめざす

であれば、正社員を辞めて派遣や契約社員という選択肢もあることをお忘れなく。家族がいて養うべき子供がいる場合は正社員の方が良いとは思いますが、派遣社員でも3年間という契約期間で仕事はできますし、中抜きはあるにしろ正社員より時給が高い職種もあるので、すこし頭を柔軟にして考えてみても良いとは思いますね。

クビ、リストラされた人材というのは何かしら社内で見どころがなくてそうなってしまったのでありのままを受け入れて非正規を甘んじて受け入れると心が楽になることもありますよ。