人生の転換点となる転職の理由とは?

tensyokuriyuu

人生経験が豊富な40代の方が転職活動をする上で、必ず質問をされるのがなぜ前職を辞めたか?の理由です。

40代ともなれば職場での責任もあり、何らかの役職を担っている方が多いでしょう。

そんな責任あるポジションで業務をリードする事を辞して新たな職場を求める理由は、転職先の採用条件のポイントとなるのです。

これは履歴書面上と面接時の必須回答にもなっています。つまり面接では理路整然ともっともな理由を述べる必要があるのです。もし回答を誤ると採用になもなりかねないでしょう。

そこで主な40代の転職理由をピックアップしてみます。

雇用条件に大きな不満がある

中高年の離職で最も多いのが、労働条件や労働環境への不満があります。業績が上がらずに将来に不安を感じてしまう方は多いでしょう。

あるいは同業種で比べても給与が低いといった不満もあります。また勤務状態が悪くてプライベートな時間が犠牲になっている事もあります。

この年齢では『他にやりたい事が見つかった』という事はあまり出てきません。むしろ生活の安定のために、働きやすく安定性の高い企業を求めるケースが圧倒的なのです。

健康における不安材料が理由

40代ともなると、20代の様に無理がきく体ではありません。日頃のストレス生活で持病を抱えたり、精神的に疲弊してしまうケースがよく報告されています。

それでも仕事に穴を開けまいと頑張ってしまう方が多く、それで退職を余儀なくされてしまうのです。勤勉さは日本人の優れた特質ですが、そんな全てを献身する様な働き方が中高年には厳しくなる事もあるのです。

職場でのやりがいを見いだせなくなるケース

40代になるまでには20年前後の勤務経過があります。その間いくつものチャレンジやトライを繰り返し、それなりに会社への貢献もしてきた事でしょう。

しかしそんな自分の努力が適正に評価されないと、やりがい・モチベーションが下がってしまう事がります。また職務上で困難な壁に弾き飛ばされて転職を考えた方もいます。

もちろん転職時にそれを話す事は問題ありません。

それから配置転換や部署異動などでやりがいを失う方もいます。これらの理由で転職を求める事は決して間違ってはいません。40代は仕事の選択を成功させる最後の年代かもしれません。

今後の転職と人生設計に失敗のない様に計画的に就職活動を進め、その理由についても妥当性・正当性のあるものをしっかりと準備しておきましょう。