転職を考えだしたときに把握しておきたい基本的なこと

このカテゴリーでは40代だからというわけではなく、転職においての基礎知識をまとめています。

市場価値のこと、書類の提出のこと、履歴書・職務経歴書、また面接のことなど転職にまつわるイベントや必要な事を掲載しています。

また40代での職責や転職において求められる事、必要なスキル、人物像などもおさらいしてください。

40代で初めて転職を経験する人多いです

日本人のサラリーマンは40代で初めて1回目の転職を経験するという方が全体の3割もいます。
40代でも転職回数0回だよ、という方はなんと50%もいるのです。

このことからわかることは1度会社に入ってしまうと気に居るか気に入らないかに関わらず次の職場を探す努力や時間が面倒だと思ってしまう方がいるという事です。

なぜなら今の会社を辞めたい、転職したいと考えた事すらない方はほとんどいないからです。

何かしら不満や不安を抱えててもしがみついている(といったら語弊があるかもしれませんが)という事です。

40代で初めての転職、応援します

転職を考えるという事は人生を前向きに変化させようとしている、という事なので応援します。

40代の次は50代です。その次は60代。これから定年退職までの20年間を自分の人生をプロデュースするという意味ですから初めてだろうと、なんだろうと素晴らしい事なのです。

今の会社に居続けて後悔する人生よりも変化を受け入れて前向きに行動できることなのですから。

とはいっても通過は厳しいんでしょ、現実を知る

さすがに20代や30代よりも引く手あまたです、なんてことは無いのはご存知のとおりです。40代なら40代ならではの転職活動の仕方もあります。

履歴書や、経歴書など記入する項目や書き方は同じです。どこで差をつけるのかを考えていくことです。

多くの企業が20代ほしい、30代ほしい、と思っています。けど技能やスキルや人脈を期待して40代でもいい会社もありますよね。求人倍率が多いタイミングであれば売り手市場ですので求める人物像にマッチすれば採用されるのです。

マッチングと言われるゆえんはこのためです。自分が活躍できるフィールドを探しましょう。

基本は人生プランを先に考えること

先ほども書きましたが、転職の基本は人生プランを考える事から始めるということです。つまりゴールからの逆算で「どんな職場に入りたいか」を考えることになります。

長く働ける会社なのか、定年60歳まで好きな仕事をしたいなのか、子供が大学生になるから給料多い会社がいいのか。まずは人生プランありきというわけです。

自分は何が出来るのか、何をしてきたのか

ここは20代、30代と差を付けられる部分です。自分が今まで何をしてきたのかリストで書き出してみましょう。その業務量や人脈の多さに自信がわいてくればしめたものです。

これ以降はテクニック的な話と、転職に必要な情報や資料や考え方をまとめていますので、ご覧ください。

意外と盲点?!一次面接、二次面接、三次面接で求められる事が違う

40代の転職で基本的なこと

転職が初めての方にとっての謎部分、面接についてです。 面接は会社によって何段階かありますが、面接者が誰なのかによって聞かれる内容や求められる答えが違っている事もあります。 また必ず聞かれる質問等もありますので、整理してみてください。(面接でよくある4つの質問も参考に) 転職の採用面接は、一次面接で終・・・

転職回数はどのように影響してくるか?もう限界の転職回数とは

40代の転職で基本的なこと

残念ながら日本での転職回数は大きく影響してきます。転職回数は少ないほうがいいと感じる企業が多いのです。では、どのように影響してくるかまとめていますのでご覧ください。 転職回数が多いと不利になる? 40代ともなれば、20年以上は社会人生活を経験している事になります。 その為に職歴上では、2回や3回の転・・・

40代の転職が厳しいと言われるのは何故か?

40代の転職で基本的なこと

■40代の転職が厳しいと言われるのは何故か? 「年齢は見られない」と言いつつも実際は年齢が見られるのが日本の転職市場です。 会社側からすれば40代の人材よりも20代の人材を採りたいと思うものですから、40代の方はどれだけメリットがあるかを示せなくてはいけません。この章ではなぜ40代が厳しいのか、その・・・

見誤らないための、40代転職者の自分の市場価値を測る方法

40代の転職で基本的なこと

転職について調べ始まると「市場価値」という単語をよく見かけるようになるはずです。 市場価値というのは「あなたの本当の年収はいくらですか」と置き換えても良いです。価値が高ければ企業は高い年収を払ってでも雇いたいと思うでしょう。 逆に今の時代にそぐわないスキルだけ高めてきた人は市場価値が低いと判断され年・・・

企業が中高年の中途採用者に求めるスキルと人物像について

40代の転職で基本的なこと

中高年の転職活動での心構え 40代・50代の中高年の方々が、社会に提供できる価値、つまりセールスポイントを理解する事で中途採用者へ求められる条件が分かってくる事でしょう。 中高年が転職活動をする際は、自身のセールスポイントを的確に把握することで成功率が上がるのです。 長年培った多彩な経験を活かして、・・・

40代で派遣・契約社員からの正社員転職は可能なのか?

40代の転職で基本的なこと

40代で正社員になりたいと思う方はどれほど居るでしょうか。もう正社員への道を諦めて派遣、契約、アルバイトを掛け持ちする覚悟を決めてる方も多いかもしれません。 では実際の所どうなのかを把握して今後の人生の身の振り方を検討してみましょう。 40代の転職は相当厳しいのが現実 ハローワークの統計資料によりま・・・

長期化する40代の転職に、健康管理とメンタル管理方法

40代の転職で基本的なこと

40代の転職は難しくすぐすぐの採用は出ないで長期化する可能性があります。2,30代ですと遅くても6ヶ月で転職活動が完了しますが、40代は1年以上かかる場合もあります。 それは現職に追われて忙しい中で転活をしている場合もありますが、採用してくれる企業が少ないという現実も見なくてはいけません。そんな中で・・・

40代で資格なし&未経験職種への転職は本当に絶望的なのか?

40代の転職で基本的なこと

20代や30代前半であれば、これまで属したことが無い分野でも、研修すれば時間が経てば覚えられるだろうと思って雇ってもらえますが、40代になるとそう言うわけにはいかずに、実務が未経験ならばなかなか雇ってもらえません。 未経験への応募の実例 長年事務としては働いてきた女性も、パソコンを使うのが苦手でした・・・

資格よりも実務、管理能力、業績、人脈、育成力が40代は大事

40代の転職で基本的なこと

40代の転職の時には、年齢的なネックがあるので、資格や技術などでアピールしていきたいと思いますが、結果から言うと40代の転職においては資格を持っていてもあまり重要ではありません。 40代からの転職で資格が意味があるケースとは? 実際に英検や簿記などはあるにこしたことはありませんが、転職の大きな助けに・・・

ページの先頭へ